月別アーカイブ: 2010年6月

赤字覚悟

損をしても売る「赤字覚悟のセール」は
売らなければ
もっと赤字になる場合が含まれているが、
誰かの損失は誰かの富だというゲームは
この種の覚悟によってより日常的に継続されている。
脱工業化社会に引き継がれた
この赤字覚悟のエントロピー的ライフスタイルは
太陽系のエネルギー収支に適応した哺乳類からみれば
例外的な行動様式である。

包括的理解

完全な理解は経験できないと感じている時、
その理解とはunderstandingである。
語源的には、
under(下に、不十分な場所に)+.standan(立つ)
= …の下(または間)に立つという意である。
つまり、上下が存在する宇宙観から生まれた言葉である。
しかし、宇宙の原理を発見できるのは
宇宙の完全性を理解できる知性が
存在するからである。
その理解とは
包括的理解 (comprehension)☆である。
☆註
包括的理解(comprehension)は
放射状に成長する最密空間充填システムを形成する。
そのシナジェティクス・モデルは存在する。

空隙論

ナノチューブは発見される前から
隕石にあったが、
堅く丈夫に作ることに数十万年も費やした人類は、
ついに「構造」を石から模倣した。
こうして詰まったモノに安心する傾向が生まれた。
頭脳へも「詰め込み」だ。
贈り物でさえ「詰め合わせ」だ。
原子核を構成するモジュールである電子と陽子が
互いに隔てている空隙を怖れている。
空隙こそテクノロジーの産物である

シナジェティクス知らず

シナジェティクスを読破しても
シナジェティクスを理解できるとは限らない。
シナジェティクスは読破していないが
シナジェティクスモデルは理解できるかもしれない。
この2つを隔てる段階が経験の秩序化である。
シナジェティクス・モデル言語はモデルにあらず、テキストにあらず。
つまり、
ダウンロードされたシナジェティクスモデル派の
シナジェティクス知らずは
よくあることだ。
モデル言語はほとんど複製できないデフォルト言語だ。

淡々と

小さなアイデアを日々重ねるこが
まったく新しい理論へ導く効果的な方法だとしたら
淡々とした日々を選ぶだろう。
その淡々とした日々こそ
とんでもない組み合わせからなっているはずである。

電子書籍

電子出版の優れた書籍に一つに
『SYNERGETICS』がある。
http://www.rwgrayprojects.com/synergetics/synergetics.html
17年前に友人のロバートグレーが
バックミンスター・フラー研究所の許諾によって電子化した。
この書籍は電子化されるまえから
ハイパー言語的に編集された最初の書籍である。
この本で紹介されるシナジェティクスモデルをすべて
自分で制作しなければ
理解できない最初のモデル言語論でもある。
しかし、経験はダウンロードできない。
したがって、シナジェティクスモデル群もダウンロードできない。
あと150年間愛読される前に
インターネットで公開された理由にちがいない。
理解の懐胎期間は150年と見積られたので
時間はたっぷりある。

学習法

もっともお金のかかる学習法は
経験に基づいた自発的方法だ。
しかし、安く見える他の方法は
学んだことを一切忘れてしまうには効果的だ。

私の探査方法

理解した自分の知識から
必要な知識を探し出せる能力によって
より知的になれるのは、
必要なときに宇宙の原理を探し出せる能力によって
原理的思考を習得するためであるとしたら、
前者は経験とシナリオから
知っていることを話すが
後者は経験とシナジェティクス・モデルから
知らないことを発見するはずである。

概念

主観的な現実化がないように
客観的な概念化もない。
シナジェティクスの概念モデルは
主観と客観の相互関係を生む
最初のモデル言語だ。

発明の価値

発明家がもっとも無視しているのは、
特許の価値は、発明の価値によって確立されるのではなく、
特許明細書が書かれる熟達度によって決定されるという
先願主義の特許システムである。
発明家のための
このシステムを教育する教育機関は存在しないのは
なぜか?
法律家資本主義を運営する側に
発明家は必要ではないからだ。

失望

自ら考えたアイデアからどんな実験もする価値がある。
モデルはこの実験に含まれる。
自ら考えた概念に興味があるなら、
結果を理解されなくても
けっして失望してはいけない。
失望は貨幣のように負債毎に発行されているから。

2種の「分離と統合」

テンセグリティでは圧縮材には圧縮力、
張力材には張力しか機能しない。
一方、大黒柱」はその両方をつねに受けているのである。
テンセグリティの圧縮材はより軽量化された「大黒柱」ではない。
増加する自重を大地に流す以外の方法で、
もっとも重要な唯一の「大黒柱」は構造を統合することはできない。
テンセグリティは「力を視覚化」する形態ではなく、
圧縮力と張力の作用の純粋な分離によって
その新たな相互作用における反対称的な張力的統合の優位を
最初に視覚化した原理モデルである。
こうして
自然を再現できないすべての「大黒柱」は
テンセグリティの発見とともに失業しているのである。
しかし、政治経済における分離と統合では、
けっして唯一無二の「大黒柱」を否定しないのが、
すべての「権力構造」の特徴である。

個性

すべての個人の経験は異なっている。
違いは形成されるまえに与えられている。
もしこの違いが与えられなかったならば、
完全性は試行されないだろう。
まして宇宙とは調整不可能だ。

理解

実践する情熱は理解から生まれる。
それは他者との競争心からは生まれない。
理解する情熱は、
自己の能力を証明する時に生まれる。

野菜

野菜を有機農業、無農薬で栽培しても
植物の成長は無機質で制御されている。
無機質は土壌中の微生物によって
植物の根が吸収できるイオン(=水中に溶け込んだ無機質)に変換される。
つまり、微生物が無機質に分解するからではなく、
イオン交換されてはじめて水に溶ける。
その微生物の働きは
ほぼ雑草と昆虫が制御している。
野菜よりも雑草のほうが、
そして
動物よりも昆虫のほうが
昆虫よりも
微生物のほうが
種類と数が多いからだ。
そして
それらすべては
水によって制御されている。

螺旋

螺旋には2種類ある。
蚊取り線香のような渦がスパイラル(spiral)であり、
縄やDNAのような3次元的な捻れがヒリックス(helix)である。
負のスパイラルやデフレ・スパイラル(deflationary spiral)
と呼ばれる経済予測は
株価の上昇と下降という概念のように
未だに2次元的な世界像に支えられているが、
優れた道具や生き物は、
3次元的なヒリックス(helix)を採用してきた。
自然は3次元的な捻れに関する「構造とパターン」を
完全に非物質化しているのである。

ダイエット

生きるためには食べなくてはならない。
20世紀後半から
より食べない努力をしない人は
肥満の恐怖を抱くようになっている。
しかし、残りの人類は
まだ飢餓の恐怖から逃れていない。

テンセグリティ・シェルター(生活器)

人間が使用したい新しい構造物で起こることは
すべてシナジェティクスモデルで生成される。
1960年代にテンセグリティを最初に理解した人たちが
大気圏外に限定していたのは
重力に対する恐れからだった。
もしこのシナジェティクスモデルが真に包括的に理解できているなら
裏庭にインストールしたテンセグリティ・シェルターに居住できるだろう。
この裏庭は、最初の無線、無管、無柱、無軌道のステーションである。

非共鳴型思考

テンセグリティにとって無秩序とは
過剰な応力による構造とパターンの破壊ではなく
その静止状態である。
テンセグリティにとっては苦痛に満ちた
この非共鳴状態を
人間は住居空間に求めてきた。
そして、大黒柱とその不動性に潜められた
父性を殺せないでいる。

デフォルト教育

だれも実行するように助言しなかったか
実行する方法が見つからなかった場合にのみ
実行すべき自分自身の道が見えるならば、
真のオリジナリティはけっして教育できないだろう。
だれも水素原子や炭素原子を教育できないように。

こども

発明することが無益な行為として
説き伏せられるまでの期間に
どう生き延びるかで発明の才は決まる。

ひらめき

優れた提案や名案は
意図しない対話(=ダイアローグ)から生まれやすい。
しかし、提案だけに終わる知性は、
つねに分断されたひらめきのコレクションにすぎない。

時間

原理または技術的効果の発見にかけられる時間は、
問題解決の先送りで
無駄になる時間を減少させることで増大する。
この増大した時間は自己のテクノロジーに属する。

農薬農法

科学は農薬を生み出したが、
それを使わない自然農も
科学である。
つまり、農薬は最良の道具ではない。
農薬を使う農業の生産コスト計算法は
慣習的に容認された法的な計略である。

普天間基地

法律と慣習は、つねに物理的な軍事力を背景に主張・維持してきた
〈権利〉のみによって制定された政治権力の策略である。
法律や法的な合意は道具ではない。
人間が作る法律と慣習は、テクノロジーではない。

分断化

会社は、法的に偽造できる。
発明も発見もしないでも金儲けができるように。
ニュースは、社会的に捏造できる。
経験を秩序化しないでも
ばらばらな出来事から断片的な意味が無数に生まれるように。
こうして、
奴隷の奴隷としての自覚は完全に奪われている。

生活器

自動車は、人間が陸の軌道を移動するための道具である。
飛行機は、人間が軌道のない空を飛行するための道具である。
テンセグリティシェルターは、
人間が軌道のない陸を移動するための道具である。
この太陽系で存続可能な最初の生活器は、
無柱、無管、無線、無軌道のテクノロジーを備えている。