月別アーカイブ: 2010年12月

土地資本主義

ネイティブ・アメリカン部族から大地を奪うために、
彼らの主要な食料だった数千万頭のバイソンと森を
計画的に絶滅させる方策を採用したのは
アメリカの議会である。
バイソンは草食動物である。
衛星から見れば
北アメリカ大陸のカナダの国境線以南の森林は
すっかりはぎ取られている。
偏西風だけが雲を生成していない。
広大な森が雲を生成し水を保存し、
気象全体を制御しているメカニズムを
ネイティブ・アメリカンは
気象学が生まれる前から熟知していた。
バイソンの腐らない頭蓋だけを
すり潰して畑の肥料にしたのは
森を伐採して雨が少なくても耕作できる小麦畑への
唯一の持続的再生利用だった。
土地資本主義に制御された議会の機能とは、
まさに「犬の散歩を犬のしっぽに任せた」結果である。
米北東部がカナダ以上に毎年寒波に狙われるのは
森とバイソンから絶縁したからにちがいない。
Muybridge_Buffalo_galloping.gif

虚空

オオカミに囲まれ
群れから離された一頭のバイソンでさえ、
ついに大地に触れ伏したときは
お腹を食べられながら
静かに虚空を見つめていた。
生命はいつか必ず終わることを
知っている人間だけが
いつ死んでも困るように
生きてしまう。

稲妻の経路

光速の6分の一の速度の稲妻の
落雷時の経路は螺旋だ。
なぜなら、半径のあるシリンダーの表面では
螺旋は最短距離だからだ。
落雷の瞬間の経路も
原爆投下後の半径をもったキノコ雲の成長も
原理は同じだ。
宇宙は最短距離としての直線を利用しない。
lightning-x-rayed-test_30679_big.jpg
稲妻のX線放射を初めて撮影
ショナルジオグラフィック ニュース 2010/12/24
kinoko_01.jpg
ヒロシマのキノコ雲の成長

不耕起

精神を耕すことが哲学ではない。
特に読書で耕してはいけない。
宇宙の諸原理が宿るまで
精神も不耕起で
真実と共に生き延びるのが
メタフィジックスだ。

根無し草

何度も移し替えられと植物の成長は遅れる。
しかし、人間は移動するごとに
より環境に適応するテクノロジーを習得する。
その学習能力を恐れた支配者は
「根無し草」という規範を
より移動しないように
人間たちに植え付けてきた。
(しかし、実際の「根無し草」は移動したがらない植物よりも
光合成機能をより強化して浄化作用に機能している。)
われわれはいま再び
個人に対する外部規範の内面化を
道徳に変換するテクノロジーが
環境に適応するテクノロジーよりも
強力に機能する時代にいる。
規範は植え付ける毎に成長してきたから。

テンセグリティシェルター

テンセグリティが美しいのは自慢にはならない。
それは対称性を視覚化した段階にすぎない。
しかし、テンセグリティシェルターが美しければ、
それは不可視の複数の原理を調整したデザインの美しさだ。
このデザインには少なくとも数学と工学が含まれるが
美学は不要だ。

暇な時間を利用できる人は
いつも忙しい人だ。
いつも暇な人は
利用できる暇がないほど
時間の牢獄にいる人だ。

サーバーメンテナンス完了

サーバー(server)とは奉仕人の意味である。
ほとんどの個人はその農奴(serf)システムを
機器と共にレンタルしている。
いまや個人はサーバーに依存して生きている
最初の情報奴隷である。
やがて人類の人口よりも
サーバーのレンタル人口のほうが上回るだろう。

柔軟性

頭の柔軟性は年齢と共に
失われる傾向があると思われているが
思考の柔軟性は
年齢に関係していないかもしれない。
経験的に思考の柔軟性は
思考のシナジーに関与しているだろう。
しかし、シナジーはけっして方法化できない
原理でもある。

アプリ

人間は、人間がまだやれることの
100分の1にすぎないとしたら、
すでに人間は存在する前から
計画されていた可能性がある。
人間の個性などはただのアプリだ。

思考言語(thinktionary)

シナジーは実験からのみ生まれている。
そしてその実験方法もまた経験された事実を統合する
思考のシナジーから生まれている。
例えば、テンセグリティには
他の構造にはない「柔軟な強度」がある。
「柔軟な強度」とは20年前のある論文で
私が最初に概念化した
構造の構成諸要素からは
けっして推測できない合金的な構造の機能である。
この「柔軟な強度」を
張力材の弾性的素材(ゴム紐や釣糸など)に
置き換えるという重要な間違いは
観察力の欠如ではなく
思考言語の欠如から生まれている。
具体性に置き換える過程にこそ
言語の牢獄は維持されている。

貧困ビジネス

このビジネスで利潤を追求する行為を
否定しているグラミン銀行は、
主に農村部で行っている無担保融資に
利子(年率20%)を取る行為は否定していない。
貧困層を貧困からの脱却のために
投資することを表向きに
貧困を固定化するビジネスである。
貧困の固定化にもっとも効果的な方法は、
世界の富裕層から寄贈された学校で
子どもたちに最初に利子の概念を教育することである。
外国語を母国語にさせる
かつての植民地の教会の隠れたこのビジネスモデルに対して
ノーベル平和賞が授与されている。

準備

死ぬ用意をしても
死とは無関係なように
生きる用意をしても
本当に生きてはいない。
未来のための準備で
人生を台無しにしてしまう。

知識

今世紀に入って
知識が富であるという知識を
素速く手にするために、
どの本が読む価値があるかを
見分けることができない読者のための
本が増えている。
主要な基本概念を
絶えず書かれた知識に求めている
学習によって
学習の方法は学習できない。
この方法こそ富を構成する。

朝起き

朝起きて10分以内にブログを書くと
その1時間後には何を書いたか
すっかり忘れている。
脳は目覚めたときには
素晴らしい特性をもっている。
だから、朝起きて10分以内にブログを書かない日は
たいていシナジェティクスをしている。
朝とは日の出前のことだ。

科学と学ぶと無から有は生まれない
システムが理解できる。
無から無も生まれないシステムは
シナジェティクスから学ぶことができる。

思考の足場

すべての建物や船の建造プロセスは足場を必要とする。
エデンドームでさえ、
巨大な足場にかけた
コストとエネルギーは
エデンドーム自体の製造コストに達している。
建築家は足場がなくとも建造可能な住居を
デザインしない。
数千年におよぶ重力依存は
重力への妥協ではなく適応しただけなのであるが
テクノロジーの在り方を思考しない。
テクノロジーの在り方は
構造とは何かを含むだろう。

骨のある人

技術は長く、
人生は短いように、
自然は張力材をより長く、
圧縮材をより短く使う。
だから
われわれの身体の細胞は60兆個もある。
生物学的に「骨のある人」には
なれないようにデザインされている。

群れ

戦争を正当化するために
戦争が余儀なくされたと思わせるための
平時での心理戦争が繰り広げられる。
弱さから
互いに群れとして
結ばれている限り。

周期

たくさん仕事をしたければ、
少し食べ、少し飲み、
早く休んで、
早く起きるようになる。
ただし、
これが一日のサイクルになるとは限らない。

自然淘汰

利益を生む市場さえあれば
いかに無意味なものでも
維持される経済システムは
自然淘汰(=バージョンアップ)と言われている。

溜息

自由に対して
溜息をついてきた時代が
懐かしい。
その懐かしさを知らない
兵士たちは
ゲームに耽っている。

内部

精神病棟内部の犯罪、
刑務所内部の犯罪、
警察内部の犯罪は
どの時代にも監視できないようになっている。
現代ではもっとも民主的な審査システムを誇る
特許庁内部の情報の漏洩に関しては
監視できない仕組みになっている。