月別アーカイブ: 2010年12月

土地資本主義

ネイティブ・アメリカン部族から大地を奪うために、
彼らの主要な食料だった数千万頭のバイソンと森を
計画的に絶滅させる方策を採用したのは
アメリカの議会である。
バイソンは草食動物である。
衛星から見れば
北アメリカ大陸のカナダの国境線以南の森林は
すっかりはぎ取られている。
偏西風だけが雲を生成していない。
広大な森が雲を生成し水を保存し、
気象全体を制御しているメカニズムを
ネイティブ・アメリカンは
気象学が生まれる前から熟知していた。
バイソンの腐らない頭蓋だけを
すり潰して畑の肥料にしたのは
森を伐採して雨が少なくても耕作できる小麦畑への
唯一の持続的再生利用だった。
土地資本主義に制御された議会の機能とは、
まさに「犬の散歩を犬のしっぽに任せた」結果である。
米北東部がカナダ以上に毎年寒波に狙われるのは
森とバイソンから絶縁したからにちがいない。
Muybridge_Buffalo_galloping.gif

虚空

オオカミに囲まれ
群れから離された一頭のバイソンでさえ、
ついに大地に触れ伏したときは
お腹を食べられながら
静かに虚空を見つめていた。
生命はいつか必ず終わることを
知っている人間だけが
いつ死んでも困るように
生きてしまう。

稲妻の経路

光速の6分の一の速度の稲妻の
落雷時の経路は螺旋だ。
なぜなら、半径のあるシリンダーの表面では
螺旋は最短距離だからだ。
落雷の瞬間の経路も
原爆投下後の半径をもったキノコ雲の成長も
原理は同じだ。
宇宙は最短距離としての直線を利用しない。
lightning-x-rayed-test_30679_big.jpg
稲妻のX線放射を初めて撮影
ショナルジオグラフィック ニュース 2010/12/24
kinoko_01.jpg
ヒロシマのキノコ雲の成長

不耕起

精神を耕すことが哲学ではない。
特に読書で耕してはいけない。
宇宙の諸原理が宿るまで
精神も不耕起で
真実と共に生き延びるのが
メタフィジックスだ。

根無し草

何度も移し替えられと植物の成長は遅れる。
しかし、人間は移動するごとに
より環境に適応するテクノロジーを習得する。
その学習能力を恐れた支配者は
「根無し草」という規範を
より移動しないように
人間たちに植え付けてきた。
(しかし、実際の「根無し草」は移動したがらない植物よりも
光合成機能をより強化して浄化作用に機能している。)
われわれはいま再び
個人に対する外部規範の内面化を
道徳に変換するテクノロジーが
環境に適応するテクノロジーよりも
強力に機能する時代にいる。
規範は植え付ける毎に成長してきたから。