月別アーカイブ: 2014年1月

高価と安価の起源

モノが高価ではない場合、
けっして安い(cheap)とは言わないだろう。
意図的に非効果的にしたモノこそが
実に安直(cheap)なのである。
同様に
高すぎるモノは
そのほとんどが計画的に思考しなかった
あるいは
行動しなかった結果なのである。

STAP細胞 (Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency)

どんな細胞にもなれるが
しかし、細胞自らが初期化する<万能細胞>が発見された。
細胞の初期化とは
ips細胞のような初期化の操作方法ではなく
操作という外部のエネルギーによって
細胞が予めデザインし初期化のプログラムを作動させていたのである。
つまり、細胞のすべての可能性は予めデザインされていた。
細胞に対して<万能>という概念は
あまりに人間的すぎたのではないだろうか。
生き延びるために過去を初期化するのではなく
予測される未来から現在と過去を初期化する
自然の<デフォルト>だったのである。
——–すべての現在に過去と未来の始まりを合成するために。
生物学は<万能>に対して
なにもデザイン(あるいは操作)しなかった事実を明らかにした。
われわれは、デフォルトから
まだ抜け出たことがない未知なる内部なのだ。

怖れ

怖れは生得的ではない。
最初は特殊な外部のノイズによって
引き起こされる条件反射なのだ。
伝統的に尊敬された虚偽や道徳、
そして記号言語(たとえば法律や芸術)の反復によって
それらの条件反射がすっかり染みこんだ
群れの単純な反作用を形成できる。
怖れは人々を直線的にする。
その結果、直線的な指導者が再び英雄になる。

自然食

食べ物が内部に取り込まれるまでに
食材の選択やクッキングにかなりの知識を使う。
しかし、それらが外部に出ていくまでのプロセスには
ほとんど知識を使わない。
自然は液体や気体に分離するときの無数の問題を解決し
それらを他の化合物に再結合させるときは
さらにとてつもない方法を解決している。
自然食と言われる玄米食でさえ、専門分化した名詞にすぎない。