月別アーカイブ: 2014年2月

シンタックス

既知なる構造をどれほど集めても
新しい構造デザインは生まれない。
思考の革命なくして
シンタックスは生まれない。
シナジェティクスは観察から生まれない。
シナジェティクスは自然を模倣しないまま
シンタックスを生む。

<有理>と<無理>

シナジェティクスの諸原理を構成している
自然の<理>は教えられない。
包括的デザインサイエンスの専門的作業やその項目、
そして、それに関連した科学的・数学的な一般式に関してのみ
教えることができる。
この教育の不可能性は、現代ではほとんど教育されない。
自然の理は、宇宙の神秘と調和に遭遇するための
メタフィジックスに属する。
そのメタフィジックスには
自己を教育するための
<有理>と<無理>が存在する。

客観的プロセス

仮説理論の試行錯誤から実践するまでの
全プロセスを客観的という。
その全過程をほとんどデスクトップで
完了できると考えるのはまだ主観的である。
シナジェティクスでは
仮説理論の試行錯誤から実践するプロセスに移行する
デザインサイエンスまでに
何度もシナジェティクス・モデリングを繰り返す。
———-従来の概念の破壊をより純粋にするための。

パリティ(parity)の物質化

パリティ(平衡、偶奇性)の相補性は
不等価、非平衡であり
イメージの反転(鏡像対称)ではない。
相補性は鏡像対称性とは異なる。
パリティ対称性が保存されない物理的な事実が発見されて
ほぼ60年が経過している。
しかし、世界を二分するイデオロギーは
概念の鏡像対称性によって
戦争と平和を維持してきたので
宇宙でも<左>と<右>の概念が
応用できると考えている。
自然は、パリティ(parity)の相補性、
または、非平衡の物質化において
鏡像を使わない。

同一性(identity)

自分自身でありたい欲望は
その他の試みがことごとく失敗してきた
経験から生まれる。
脳が形成するこの特殊な自己同一性(self identity)から
普遍化は生まれない。
同一性が損なわれると
社会での役割拡散や排除性が生まれるのではなく
(たとえ、同一性が獲得されたとしても)
宇宙における人間の役割が
除外される過程が反復されるだけである。

極小システム

線分(line)とは
隔たった2つの極小システムとの関係である。
テンセグリティがジョイントレスに見えるのは
古代ギリシアの数学者ユークリッド以後
その極小システムには
大きさがないと教育されてきたからである。
21世紀の個人という極小システムには
自由があるが
国家システムという全体に
ほとんど影響を与えられない存在であると
信じ込まされている。
同時に、隔たった2つの極小システムとの関係も
加速度的に消失し始めているからこそ
<部分から推測できない全体の働き>よりも
<部分から推測できる全体の働き>が
より多くの部分を覆い始めている。
それらの部分は
部分と全体との関係には
もはや無関心である。

4種のシナジェティクス

これまでの不透明な住居の壁に
外部からの光や音、そして芳香と眺めを
透過させることは困難である。
分厚い不透明な壁ではなく
聴覚、触覚、視覚、嗅覚を遠ざけるための
4種のシナジェティクス技術がある。
それらは、不透明な物質によって
バイオスフィアの720度の全方向性の視野を遮り
個人空間を分断する方法よりは
軽量で再生的に優れている。

安全な遊離のために

最密充填システムでは
ある球が周囲の球の中心として始まるのではない。
最初に2つの同径の球が最短距離で形成する相互関係から始まる。
その関係が全放射方向において
隣接するすべての球において反復されるのである。
全放射方向におけるこの相互関係は、
バックミンスター・フラーによって
最初にオクテットトラス構造の総三角形化システムに変換されたのである。
このシステムは未だ一般住宅には採用されていないが
大地から安全な遊離状態を維持するための
軽量化が要求される自動車、航空機・宇宙構造物などの
モバイル用人工物にはもっとも有効な原理として応用されている。
重力が有無にかかわらず、宇宙は全方向的である。

忠誠心(loyalty)と 王権(royalty)

生き残るための戦略においては
つねに2つ以上の政治的・宗教的組織の
どちらの内側(inside)に属するかを
最初に選択しなければならない。
社会はその選択の論理性と信頼性を
期待するように教育してきた。
この条件反射的な前提に対して
疑いを抱かせないためには
集合的な領域内(=domain)に
生まれながらに属するという意識に基づいた
忠誠心(loyalty)が形成されなければならない。
相対立して引き裂かれる忠誠心が形成されないように。
21世紀の特許権に伴う委譲された
ロイヤルティ(特権階級 royalty)にさえ
忠誠心の歴史的起源が刻まれている。

高速道路の安全率(Safety Factor)

高速道路または国道内で
車が積雪で埋もれ物流が止まった主要原因は
予測を超えた豪雪や密度の高い雪質だったからではない。
都市間のほとんどを互いに張り巡らし
つねに整備された高速ネットワークが
基本的に2車線しかなかったからである。
日本以外の20世紀の先進工業国の高速ネットワークは
すべて3車線で設計されてきた。
危機的情況での移動し分散する自由度が
3車線目にあるからである。
設計技術的な無知によって
不確実性がより増大しているにもかかわらず
半世紀ぶりの気象異変という不確実性を信じ込まされている。
そして、構造のマージン(余裕部分)を無視した
擬似的な安全率によって
人々は移動中に凍死または餓死しかけたのである。

問題

優れた問題の方が
その問題解決方法よりも
独自性が高い場合がある。
独自性を生み出す
その独創力は
解決方法が未だ存在しない優れた問題をも生み出す。
さらに、その独創的な解決方法によって
問題を減らすと同時に
しばしば優れた問題を増加させることができるのは
問題を定義する新たな直観とビジョンが存在するからだ。
問題解決方法は
問題増加方法に変換できる。

2つの球体

25世紀前のギリシアの球と
シナジェティクスにおける
ジオデシック球には明確な違いがある。
無限は、有限なシステムの中で形成される
局所的な現象である。
局所的なシステムは
連続的に細分化されるが
限定的である。
無限は、永遠とは無縁である。

自己愛

自己愛は自分の一部であるから、
自己を冷静に外から見つめるということは難しい。
人間に深く根づいた自己愛は
<分断して征服される>最初の要因である。
自己愛に基づいた個性との融合は
さらに分離の要因である。

持続可能な開発(Sustainable Development)

持続可能な開発や発展を支えている思考こそ
補助金による見せかけの持続性を形成し
自発性を犠牲にしてきた。
それゆえ、すべての反応を無視し、
新たなものを絶えず拒んだ
持続可能な安定願望は
怖れと不安を回避する裏返しの願望なのだ。
自然以外に
持続可能なシステムは
まだ誰も開発していない。

怖れ

誰でも
新たな経験をする毎に
より多くを学ぶ。
断続的に恐怖を与えると
常により少なく学ばせることができる。
人々は
気にせず何でも食べはじめている。

ゲーム

概念は非物質的で重さがないが
リアリティは物質的である。
マネーゲームは非物質的である。
この非物質的な繰り返しによって
リアリティを支配してきたのである。

産業化のためのロングテール

20世紀の脱工業化によって
科学がテクノロジーを
テクノロジーが産業を
産業が経済を
そして、
経済が政治を
先導する時系列的な構造が再認識されてきた。
あらゆる政治的指導者は
重要な出来事の終わりのしっぽの方で
選ばれているにすぎなかったのである。
より長くより細くなるほど
左右により大きく揺れる<ロングテール>の
指導者だったのだ。
そのテールの長さと揺れは
けっして科学を先導できないばかりか
経済さえも先導できないのである。
個人の直観と経験のみが
つねに新たな科学的探究心を先導しているのである。

抽象化

政治・経済的支配は
物質の抽象化にほとんど影響していない。
あらゆる発展は
物質からどのように抽象するかによって生まれている。
抽象とは、大きさから独立した<関係>の中に
純粋な<原理>を発見することである。
抽象化は、概念的にモデル化できる。

2つの法律(Law)

法律を遂行するために
ネガティブな罰則の強制を伴う
記号のテクノロジーがインストールされた。
自然は、自らの秩序形成において
いっさいの罰則を持たない
テクノロジーをデザインしている。
いまや個人は、法律(Civil Laws)と
科学的原理(Scientific Laws)との間に
引き裂かれながら生存している
小さなモバイラーだ。

自己教育

すべての教育は、自己教育である。
経験とは、個人のみが理解できることに
気づくことにちがいない。
その気づく能力にスイッチを入れるのは
学校教育プログラムの外にある
好奇心である。

分断方法

芸術家が宇宙の秩序を客観的に表現する行為を
科学者に委任し、
科学者が宇宙の秩序を主観的に発見する行為を
芸術家に委任した時から
宇宙さえも理系宇宙と文系宇宙に分断されてきた。
それゆえに、分割して統合するために
動機を排除した
主観的、あるいは客観的
教育プログラムが考案された。

服従

真のテクノロジーは
生活必需品を確保するのに必要な労働量を
劇的に減らすことができる。
しかし、パソコンやインターネットの出現によって
より規模の大きい世界的な経済的混乱が再び起り
より長時間働くようにされ、
そうでなければ、失業者として飢えるままに無関心に曝されている。
戦争に関与した政府の職務に従事するために
あらゆる生産的な仕事から無数の男女が引き抜かれる準備ができているのである。
戦時のための準備とは
経済的混乱を回避するための
平時の組織的なあらゆるタイプの<服従>である。

仕事

人間の幸福と繁栄のために
労働を組織的に減らしていくことは
もっとも孤立した困難な仕事になってきた。
人々はまだ家族の幸福と繁栄のために
労働を組織的に増やそうと考えている。

常温常圧

自然は、反原発でもなく脱原発でもない。
宇宙全体のエネルギーは
増えも減りもしないにもかかわらず
惑星地球は、エネルギーを受け取る場所だ。
エネルギーを放射する必要がない場所として
デザインされた。
閉じた壁のない常温常圧で十分だ。
隔壁のない新しい境界線は、野生化する薔薇の茂みに任せよう。
———–真夏の私の庭なら無数の白カボチャで間に合っている。
受粉したそのめしべは、約40日で放射エネルギーを変換しながら肥大する。
冬期に長期保存できるカボチャの実は
カボチャの種子にとっても私にとっても
常温常圧で限りなく再生するモバイル用バッテリーなのだ。

秩序と主観

科学が秩序を<主観的>に発見した時、
それは純粋科学(pure science)である。
発見されたその秩序が
<客観的>に利用された場合、
応用科学(applied science)と呼ばれる。
シナジェティクスは、純粋科学に、
デザインサイエンスは、応用科学に属する。
<主観的>に発見する行為は
物理的に証明する行為よりも先行するが、
教育過程から秩序を<主観的>に発見する行為を
ほとんど排除してしまったのは
科学をメタフィジックスから切り離したからだ。
そして、科学の発展は開発費に比例すると
<客観的>に考えている。

タンク

戦車(Tank)は、
イギリスが潜水艦を水槽で開発した後に
キャタピラーを装着して地上に出てきた武器である。
毒ガスの中を走行できるように機密性がデザインされていた。
その後、タンク(Tank)は、
アメリカ国防省の総合参謀本部会議(別名 Gold Room)を
意味する古典暗号になった。
冷戦構造下でのシンクタンク(頭脳集団)も
軍事から出てきた機密性を表している。
そして、<タンク>のように動くことが
知的な専門分化の機密性を生むための条件になった。
最近の特定秘密保護法が、実際そのタンク内部で決定されたように。
しかし、同時に<タンク>は、
刑務所(jail)の隠語にもなっている。
この反対称性こそ、機密性からは生成できない
生き延びるためのセンスなのだ。

服従(compliance)

自分よりも強い人に憧れる群れのなかに
自分よりも弱い人の面倒をみる人間がいなくなると
攻撃を受けた側は反撃自体を回避するようになる。
反撃ではなくとも、少なくとも攻撃を回避しないかぎり
群れをより強く維持する機能が衰退していくはずだが
攻撃を受けやすい弱い無数の人間が群れから去らない理由は
群れでいることの利点が攻撃による損失を上回るからに他ならない。
あるいは
群れから離反した強い人間たちが群れを反撃しない場合は
離反することの利点が反撃による損失を上回るからに他ならない。
たとえば、株価はこうして短期間に上昇したのである。
——-必要なモノは何もないにもかかわらず。