月別アーカイブ: 2014年2月

シンタックス

既知なる構造をどれほど集めても
新しい構造デザインは生まれない。
思考の革命なくして
シンタックスは生まれない。
シナジェティクスは観察から生まれない。
シナジェティクスは自然を模倣しないまま
シンタックスを生む。

<有理>と<無理>

シナジェティクスの諸原理を構成している
自然の<理>は教えられない。
包括的デザインサイエンスの専門的作業やその項目、
そして、それに関連した科学的・数学的な一般式に関してのみ
教えることができる。
この教育の不可能性は、現代ではほとんど教育されない。
自然の理は、宇宙の神秘と調和に遭遇するための
メタフィジックスに属する。
そのメタフィジックスには
自己を教育するための
<有理>と<無理>が存在する。

客観的プロセス

仮説理論の試行錯誤から実践するまでの
全プロセスを客観的という。
その全過程をほとんどデスクトップで
完了できると考えるのはまだ主観的である。
シナジェティクスでは
仮説理論の試行錯誤から実践するプロセスに移行する
デザインサイエンスまでに
何度もシナジェティクス・モデリングを繰り返す。
———-従来の概念の破壊をより純粋にするための。

パリティ(parity)の物質化

パリティ(平衡、偶奇性)の相補性は
不等価、非平衡であり
イメージの反転(鏡像対称)ではない。
相補性は鏡像対称性とは異なる。
パリティ対称性が保存されない物理的な事実が発見されて
ほぼ60年が経過している。
しかし、世界を二分するイデオロギーは
概念の鏡像対称性によって
戦争と平和を維持してきたので
宇宙でも<左>と<右>の概念が
応用できると考えている。
自然は、パリティ(parity)の相補性、
または、非平衡の物質化において
鏡像を使わない。