月別アーカイブ: 2014年7月

プラトン哲学

モデル言語は
ある対象について観察者のそれぞれ異なった理解を
組み立てるような方法で学習する
構成主義的自己教育からは
誘導されないようにデザインされている。
例えば多面体をどれほど対象化しても
ベクトル平衡体は発見されなかった。
正多面体(Platonic Solids)が引きずる固体的概念を破壊するには
ギリシア時代のプラトン哲学から
25世紀も経過しなければならなかった。
多面体は固体的な概念から再構成された
静的な対称性を形態化したにすぎない。
事物ではなく
自然の先験性を再現したシナジェティクス・モデリングを
ありのままに観察することによって
言語は非常に鋭敏になる。
モデル言語を生成するシナジェティクス・モデルは
先験的な概念の宝庫である。

手の機能

コウモリの飛行能力は
手の骨格と手の筋肉と皮膚が進化した結果である。
手の指の間の領域が
鳥の水かきから水力を形成するように
揚力を生成する膜面を形成しているからこそ
空中で自在な方向転換ができるばかりか
その大きな手を閉じて(あるいは翼を折り畳んで)
後足だけで逆さにぶら下がることができる。
彼らは夜間の空中を高速で機敏に移動するために
光学的な視力と後足の筋力を失ったのである。
人間の視覚と小さな手は
<思考する精密機械>として機能している。
とりわけ、シナジェティクス・モデリングにおいては。

続)安全側

安全装置(fail safe)とは
緊急時や非常時に
<安全側>に作動するシステムである。
日本製の安全装置は
非常時により権力構造が強化するように
仕込まれていたので
<安全側>にはけっして作動しなかった。
権力構造は
つねにより大きな失敗(fail)によって
維持される反自然そのものである。