月別アーカイブ: 2015年6月

明晰さ

重力とその未知なる秩序が実在し
人間が作り出す構造には
張力的存在のはかなさしか存在しなかった
半世紀前のそれほど遠くない時代を
テンセグリティモデルを再現する人々は
もはや記憶に留めてさえいないのだ。
いまや、テンセグリティの張力という
その明晰さではなく
張力による未知なる統合力によって。

昨日のテンセグリティワークショップの参加者へ

テンセグリティモデルは縮小した形態モデルではない。
テンセグリティモデルで起こることは
メタフィジックスの現実(リアリティ)にちがいない。
シナジーを具現化したこのモデルは
未知をあらゆる瞬間に再生している。
未知は自然に含まれ、シナジーは自然を包む。
シナジェティクスのモデル言語は
そのシンタックスとセマンティックスに挑んでいる。
それは夕日に輝く山の端よりも近くて明晰だ。
2015年6月29日 
シナジェティクス研究所
梶川泰司

モデルを陳腐化するメタフィジックス

すでに存在するモデルを陳腐化する挑戦は
新たなモデルを制作することのように見える。
実際は、そのモデルを制作する過程で
不可視の原理を発見する行為なのである。
ベルヌーイの定理が
翼の揚力のデザインに適用されたのは
飛行機が発明されてからである。

抵抗する構造システム

自己の自己への関係においてしか
シナジェティクスモデルは発見されないだろう。
自己と環境
宇宙と自己との相互作用を再構成することは
おそらく根本的な課題であり、
デザインサイエンスにも不可欠な緊急課題である。
そして、
自己の自己への関係においてしか
政治的権力に対する永続的な抵抗方法も存在しないだろう。

黎明期モデル

シナジェティクスモデルの再現では、
外面的な形態とそれを構成する素材の選択などに
エネルギーが注がれる。
内面的なメタフィジックスモデルの表現として
エネルギーがほとんど使われない場合は、
その表現とは無縁な数学モデルだと考えているからだ。
シナジェティクスモデルは
原理を再現する過程の観察者によって
観察者の内面を外部化する希有な手段である。
私のスタジオには
30年以上も前に制作したモデル群が
今なお、宇宙を外部化するために待機している。
シナジェティクスモデルには
それぞれの外部化のための黎明期がある。
黎明期に入ったモデルは、つねに単純で野性的である。
それは、観察者の思考言語を変革するモデルの特徴である。
古びたモデルは、突然新しく輝く始める。

プリセッション(precession)

プリセッションは
シナジェティクスの主要な概念用語の一つであり
また最も翻訳しにくい概念の一つである。
天文学の歳差運動が
プリセッションのもっとも分かりやすい
物理的現象を表しているわけではない。
現象に対して先行[優先]する存在を対象化しないかぎり
専門用語がさらに分岐していくばかりだ。

The last straw breaks the camel’s back.

最後の藁一本がラクダの背骨を砕く時、
背骨という圧縮材の限界ではなく
粘膜と筋肉による張力と
背骨という圧縮力との
統合力が限界に達したときなのだ。
つまり、振動の停止が突然やってくると
圧縮材は座屈(buckling)を生じる。
テンセグリティの固有の振動は、
不安定な状態や圧縮材の座屈を回避するための機能である。

張力の役割

張力の役割は、張力による振動以外に
その現象に抗して見かけのはかない形態を打ち立てると共に、
見かけの形態に振動によるシステムの自律とその意味を与えることにある。
張力は、張力による統合という動的な秩序のもとで
はかなさと振動を相互に打ち消す力を持っているのだ。

階層的モデル

発見されたシナジェティクスモデルは
新たなモデル言語を内包している。
そのモデル言語は
熟考によってはじめて発見され、
そのシナジェティクスモデルは
モデル言語によってはじめて発見される。
ひとつのシナジェティクスモデルは
じつに階層的である。

熟考する(consider)

あるがままのシナジェティクスモデルを見ることは
いつも簡単ではない。
新しい関係は、重さではなく、形態(form)でもないから
新しい言語がなければ、見えない関係が存在する。
自分で発見したシナジェティクスモデルでさえ
あるがままではないのだ。
あるがままに接近できるのは
唯一、モデル言語による熟考(consider)である。

別な方法(precession)

自分が既に知っていることを正当化するための知識は
それを正当化する代わりに別の方法で思考する知識よりも豊富だ。
別な方法とは、すでに知識ではなく
思考自体を批判する作業過程に属しているからだ。
幾何学的思考自体への批判作業でないとすれば、
シナジェティクスとは一体何なのか。
テンセグリティもジオデシックスも
批判する作業過程が引き起こす
別な方法(プリセッション)の発見から生まれている。
プリセッションとは偶然の副作用ではない、
予測不可能な、しかし、確実性からやってくるシナジェティクスは
数学的証明よりも概念モデルの発見の探究から始まる。

構造と過程

構造を定義するということは、
その現実的な破壊、あるいは非破壊実験、
その効果的な構築方法、
そして、
これまで存在しなかった変換作用の発見、
あるいは統合作用などの理論形成、
これらの過程を経験することを意味している。
概念モデルから原寸大モデルまでの
テンセグリティシェルターの定義は
過去には存在しない。

非軽量化のテンセグリティ

テンセグリティを個人的な芸術作品にするための
芸術表現の正当化は、モービールに影響された
彼の初期の彫刻作品から後の
軽量化を排除した非工学的な歴史である。
たとえ、現代美術の美の諸基準に従っていたにせよ。
彼はインタビューで
テンセグリティは人間の住居にはもっとも<危険な構造>と
考えていたことを告白している。
一本の張力材の破断が構造の破壊を引き起こすという
幻想に浸れる美学は
作品の緊張感の維持のために
非工学的な歴史は拡張された。
太いステンレスパイプの圧縮材と
ステンレスワイヤーのテンション材から
浮遊するテンセグリティは生まれない。
非軽量化されたテンセグリティはもっとも危険な非構造である。
彼が閉じたテンションネットワークを発見できなかったのは、
表現の根拠が、しばしば表現の自由という概念に覆われたまま
それは古代における道徳的経験の
道徳的意志の中心にあったものと変わらなかったからである。

自己規律

自己規律はグランチへの否定的情況を生成する。
それはシナジェティクスのデフォルトである。
シナジェティクスが
あらゆる教育機関で教育できない理由でもある。

肯定的デザイン

ほとんどのデザインは
自己規律から逸脱した
肯定的情況から生まれる。
宇宙がテクノロジーであることを
否定する情況から生まれる
デザインの短命さがそれを物語っている。
シナジェティクスが
政治的権力(グランチ)への抵抗に関わるのは
自己のテクノロジーとモデル言語との峻烈な関係性に到達した時だ。
それこそが、自己からの離脱を可能にする
肯定的デザインをもたらす唯一の方法だ。

非物質化

テンセグリティの歴史を書こうとするだけで
この張力に対する異なった種々の現実を考慮に入れなくてはならない。
つまり、それは固体の歴史であり、
国家がそれぞれ違う決定の機構を通して提示する構造の定義やその価値に
どの程度張力が順応してきたかどうかを研究する歴史でもある。
圧縮材と張力材が、構造を形成する構成要素として対比される歴史は
バックミンスター・フラーから始まる。
それ以外は、要塞建築のための張力が存在しない圧倒的な
権力による固体の歴史である。
対比されるまでのそれらの背景には
シナジーの非物質化へのテクノロジーを獲得するための
圧倒的な単独者によるモデル言語の歴史がある。

自然のデザイン

構造安定性を言葉ではなく、
<構造とパターン>によって表現しようとすることは
簡単ではない。
ほとんどいつも形態(Form)を模倣してしまうからだ。
自然を知るための抽象化において
もっとも困難な闘いは
自然の観察だけからは<構造とパターン>は
発見できないという限界から
モデリングを始めることにある。
自然のデザインの99%が可視的ではないからではなく
テンセグリティはジオデシック数学よりも早く
誕生している事実からも
自然は模倣できないようにデザインされているその場所から、
モデリングを始める時
風が吹きはじめるよりも
早くその瞬間を見分けられるだろう。

テンセグリティの排気量

基礎がなければ、自立しないテンセグリティは
構造ではないばかりか、
テンセグリティでもない。
浮力計算を必要とする船には排水量
(船を水上に浮かべるための押しのけられる水の重量)があるように
ある種のテンセグリティ構造には、浮遊するだけの排水量または排気量
(構造を水上または、大気中に浮かべるための
押しのけられる水または気体の重量)があり、
けっして大地に自重を流さない。
テンセグリティ分類学はこれからだが
その分類学は、つねに破壊されている。
数万年間、構造を作ってきた人間は
構造をまだ定義していなかったからだ。

再考・自己のテクノロジー

シナジェティクスは
自己との対話から始まる。
それは、自己が含まれる
宇宙に相応しい思考にふける行為である。
自分自身と共に生きるときに
シナジェティクスモデルは生まれる。
————自らの理性がどのように原理に働きかけたかを見るために
それは、これまで存在していなかった
構造とパターンを産業的テクノロジーに変換する方法を伴う。

振動する思考

どんなテンセグリティモデルも
圧縮材を統合することについて
そして、張力材による統合について
つまり、自分が行使できる統合方法を具体的に考える
プロセスに生まれる。
そして、テンセグリティ制作者は
この統合が何を意味するかを
知るために考え、
ついに、自分に相応しい思考によって
思考にふける。
テンセグリティが振動によって
自らを安定させるように。

可塑的生存

石油を原料として多様な合成樹脂としての
プラスチックが発明されたのは
第2次世界大戦後だ。
このプラスチックは金属に代わる新たな安価な素材として生まれた。
プラスチック(plastic)とは
可塑性物質の代名詞であるが
本来は、柔軟で感受性の強く
自由に造形できるという意味だった。
この語源のとおり、 3Dプリンター自体のパーツも
可塑性物質に依存しながら
プラスチックに発展している。
そして、われわれの精神すらも
プラスチックに自由に造形できる
見えない3Dプリンターが存在している。
プラスチック(plastic)に生存する群れの精神は
可塑性物質の延長にあるのだ。

張力調整の不確定性

テンセグリティのテンション材の調整は
ノウハウと呼ばれる辛抱強く
しかし、妥協に満ちた経験知によって
置き換えられてきた。
その歴史は
ターンバックルによる張力調整の不確定性にある。
このテンション材の妥協に満ちた調整の歴史において
もっとも滑稽で破綻した行為は
テンション材の不確定性を排除するために
針金に置き換えた図学者がいる程である。
針金の両端は曲げられてアルミパイプの中に挿入された
このモデリングに
張力が不在であるばかりか
学者としての誠実さ(integrity)は
張力を統合するまえに消滅したのである。
この非科学的なトリックは
太陽系から引力による相互作用を否定し
固体的世界観を優位にした瞬間でもある。
テンセグリティを学んでも
固体的概念の牢獄はむしろ強化され続けている。
テンセグリティは形態(Form)ではない。
メタフィジックスのモデル(Model)である。
張力は非物質化への重要な段階である。
———–重力のように

大地が震えていても

外部からのあらゆる瞬間に震えていたら
豊かな内部の感受性は維持できないだろう。
テンセグリティは
絶えず目に見えない振動によって
柔軟な強度を物質化している。
テンセグリティは
生物学でも物理学でも
天文学でも
建築学でもなかった。
まして、金属学ではないが
テンセグリティはもっとも有機的合金に近い。
たとえ、金属と炭素との化学結合を含む化合物から生成されなくとも。

部分と全体 

部分の寄せ集めからは
全体が生まれなかったからこそ
部分にはどんな全体の情報も存在しない。
組み込まれたプログラムによって活動する脳から
生成されないメタフィジックスがある。
たとえば、テンセグリティシステム。
対称的か非対称的かに関わらずそのシステムは
全体からやってきた。
バックミンスター・フラーの最初のジオデシックの特許には
ジオデシック・テンセグリティ構造が含まれている。
彼は未来から過去をデザインしていたので
いまから半世紀前のテクノロジーが
現在にもっとも適応している。

臨床テンセグリティの誕生

テンセグリティは
ポジティヴとネガティブな相互関係を
圧縮材と張力材の非鏡像的で相補的な関係を
物質に変換した瞬間に
無限性を否定する有限性から切り離した。
その時に出現した構造は、
技術的かつ社会的限界を設ける臨界的機能と
起源を発見する機能とを同時に果たす。
不連続な圧縮材からなる球系テンセグリティ構造に
直径の限界は存在しない。
相補性というものに権力構造を超える構造を賦与する
思考の幾何学が誕生したのは
テンセグリティ原理の発見からである。
☆テンセグリティプリセッション 2015-06-04 から引用

より広大な世界

移動できない時代には、
狭い世界から、より大きなことは思考できなかった。
移動できる時代に、
より広い世界から、より大きなことはやはり思考できなかった。
より広い世界は、広大無辺ではなかったからだ。
球体世界は、全領域を囲む境界線は存在しないが有限である。
思考システムは、そのシステムの外から思考することはできない。

発見権

宇宙の法則の発見から特許は生まれる。
その逆は存在しない。
特許権を所有する発明者のほとんどは
すでに発見された宇宙の法則のユーザにすぎない。
そのユーザたちは、諸原理を発明した存在への
著作権を認めているわけではない。
宇宙に人格や法人格が存在しないという前提で
法則の発見者にグランチが
発見権を著作権に含めなかったことこそが
個人の独占をほぼ排除できているのである。

思考するテンセグリティモデル

1970年代に私はテンセグリティモデルを
100個以上制作した。
ハイデッカーを毎日読むように。
テンセグリティの完璧な張力的調和を再現する行為は
自己自身の現象学的変化を目指す試練として変化していたのである。
その変化を捉えることは
他者との優れたコミュニケーションを目指しながら
単純化した方法で他者の時間を互いに占有する
対話よりも楽しい方法だと思っている。
1981年に、その種々の制作方法のなかのある方法は
バックミンスター・フラーが
彼が30年前にすでに発見した方法と同じであると助言してくれたが
その他の方法は、同じではなかった。
その方法が21世紀のテンセグリティモデルの
だれでも再現できる新たな調和方法を提供している。
ゴム紐や釣り糸などのヤング率が小さい張力材は
太陽系での張力の研究には時代遅れである。
重力に弾性率もヤング率も存在しないからだ。

相補的な時間

隙間を生成しない空間充填では
たとえば、4面体と相補的な8面体は自動的に生成される。
価値の生産または、その破壊に従事する時の
忙しい時にこそ、有効な時間ができるのは
その時間は相補的な時間である。
無目的で暇な時に、その時間は、
同質な時間しか生成できない。
余暇を楽しむために、労働に従事する時にも
その相補性は生まれない。

監視テクノロジー

個人の監視テクノロジーや
学校や職場での規律的テクノロジーのすべてが
国家の安全メカニズムのもとで増殖した結果
それが安全率を機能させている。
火山の爆発や地震を予知できない科学的事態は
その安全率の限界を示しているのであるが
その限界が見え隠れする時にこそ
個人の監視や群れの規律を
むしろより増大させるためのメカニズムは
あらゆる個と個の関係に潜んでいるのである。

焚火の後

焚火は夜の太陽だ
その太陽が沈んだ後
紅茶を飲みながら仕事はじめた
カエルも鳴かない静かな夜
時計の音とキーボードの音しか部屋にない
そして、時折、鉛筆の擦れる音
音楽は要らないトワイライトから
真昼の太陽まで瞑想できる
それから日陰で昼寝をしよう
ふたたび、夜の太陽が昇るまで

黄色い花

庭が雑草で覆われる前に
カボチャの種をランダムに植えた。
これらの種は、メキシコ産とニュージーランド産と
国産の伯爵の種が混合している。
これで真夏の庭の地表温度は
30度に低下するばかりか
夏の終わりには、カボチャの収穫もできるだろう。
カボチャの黄色い花は、とても綺麗だけど短命だ。
カボチャの花に最初のミツバチが来るまで畑の傍で、
今日は満月を見ながら焚火をすることにしよう。
早朝から焚火まで、仕事できる日は
とても充実している。

科学者の監視

火山の監視体制が低い日本では
恐怖や不安のほうが、危険より大きい。
さらに
地震学者の傲慢な道徳的無知のほうが
恐怖や不安よりも大きい。
地震への対策方法よりも
彼らの非科学的方法への批判のほうが
圧倒的に少ないからだ。
非科学的方法への批判には専門性は不要だ。
彼らの言動や実績だけで十分である。