投稿者「e-shokuju」のアーカイブ

直観を言語するシナジェティクス

私は「知識はあるが論文が書けない」
又は「経験はあるが論文が書けない」タイプでもない。
「直観を言語化できない」タイプだった。
直観の言語化には膨大な経験が必要だ。
直観的モデリングはやがて経験に変換される。
暗黒時代から逸脱する言語は
シナジェティクスの動的な直観幾何学にある。

Four-great-circle Systems of Octahedron and Vector Equilibrium: Symmetry
SYNERGETICS RBF 1975

ハリセンボンの構造とパターン

ハリセンボンはフグ目のハリセンボン科に分類される魚であり
フグはフグ目のフグ科。
前述のフグに関する私の記事はすべてハリセンボンの構造とパターンに関連した
自然の先験的なテンセグリティ構造への分析となる。

ハリセンボン
https://ctseibutsu.jp/ex/porcupinefish.html

鱗テンセグリティ構造

面テンセグリティ構造は魚の鱗と相似的な結合方法を採用した。
RANDOMEは、ジオデシックスな鱗の配置から安定した球状を維持できるが
完全にランダムな同型モジュールの配置からでも球状を形成できる。
魚は骨格と皮膚からだけで自らの形態を維持しているのではない。

Randome Emergency Geodesic Shelter

鱗テンセグリティ構造

魚類の鱗は真皮の内部に発達した骨格=皮骨であり
遂にハリセンボンの鱗は棘に変形した。
魚の鱗は相互に動く鱗は重く厚い鱗から軽く薄い鱗へと進化して、
面的なテンセグリティ構造を形成する。
水の抵抗を減衰させ迅速に移動し
水圧に耐えながら敵の攻撃から自身を守るために。

鱗は真皮が変化した骨格=皮骨

モジュールからなる 球状テンセグリティ構造

フグの4面体状モジュールは自然のテンセグリティ・デザインである。
バックミンスター・フラーは、8面体状のテンセグリティモジュールからなる
球状テンセグリティ構造(1982年)をデザインしている。
約40年前私はカリフォルニアでこのモデルの修復に従事したことがある。

テンセグリティは分散型の無脊椎構造

無脊椎動物や藻類などを食べるフグは脊椎動物であるが、
驚くことに連続した脊椎をほとんど形成していない。
すべてのテトラ状の骨は張力材ネットワーク上に
浮かんでいることになる。
テンセグリティ構造は大黒柱のない分散型の無脊椎構造である。

tensegrity

浮遊するテンセグリティ構造

フグ(Blowfish)の多数の棘はテトラ状の骨であり
その骨は互いに非接触な圧縮材を形成する。
フグの筋肉と皮膚はそれらを統合する連続した張力材となる。
フグは収縮拡大するテンセグリティ構造を採用している。
この構造は海表面でも安全に浮遊することができる。

不連続なテトラ状の骨モジュール