e・食・住(energy-food-shelter)」カテゴリーアーカイブ

超えることができない境界線

現在のコロナウイルスには複数種が存在することが分かった。
ワクチンが作られる前に、彼らは種族維持目的を持続し拡張する。
人間が自由に行動することの限界よりも、
超えることができない「自然の境界線」が自由を制限している。
その境界線を知ることから、
ウイルスのように
自由への行動を拡張する方法が獲得できる。

人類は火星にコロニーを無数に形成できても、
微生物とは異なり
人類には、人種は1種類だけである。
ハワイでの火星移住模擬実験

宇宙エコロジーを支える微生物

宇宙パイロットを英雄化する習慣のある
双方のイデオロギー指導者たちを警戒すべきだったと
人々が回顧する前に、
太陽系で生存するための包括的テクノロジーはすでに備わっていた。
大気圏内の宇宙開発を成功させるのは
宇宙エコロジーを支える微生物である。
宇宙に外部と内部は存在しない。

自然のシェルターは、微生物のように、
互いにモジュール交換ができる。
コロナウイルスも、互いにモジュールを交換している。
人類の体内で自在に。

ウイルスは「未知」を含む「自然」の定義を拡張する

コミュニケーションにおける「未知」とは
「記号−意味」化された情報の不在だけを扱うが、
意味を考慮に入れない符号さえも存在しない領域は
「無」として扱われてきた。
「未知」とはこの「無」を含む。
シナジェティクスによる「自然」の定義は
この「未知」と「宇宙」をも含む。

ウイルスは「未知」を含む「自然」の定義を拡張するが、
政治経済システムは「未知」を排除して成立する。

テンセグリティシステムを採用するウイルスは、遺伝子の解析を除けば、
生物構造学では未知の存在である。そのトゲの機能さえ未知である。

自然の原理を発見する方法の一般化は存在しない。

イノベーションは生産性を拡大するために
新たな生産要素を導入するための企業家の言語だ。
創造行為に彼らの立案した長期的戦略が意味をなさないのは
自然の原理を発見する方法の一般化が存在しないからだ。
シナジェティクスの探求方法にイノベーションはもっとも馴染まない。

水空両用の機体をデザインしたトビウオは
海中よりも空中をより高速で移動できる。
トビウオの飛行機能は、トビウオがヒレの新しい活用法を創造した結果ではない。
海中の敵から逃れる唯一の方法だったのである。
自然にイノベーションは存在しない。

浮遊するクラウド・テンセグリティに学ぶ

ウイルスのエンベロープはすべての不連続なトゲを統合する
膜状の張力ネットワークとなる。
彼らは浮遊するテンセグリティで生存する。
人類のデジタルデータはすでにすべてクラウド化して
権力構造に共有されてきたが、
地上を移動する居住用のクラウド・テンセグリティは
個人のみが自在に制作可能だ。

バックミンスター・フラー 『クラウド・ナイン』1970

惑星の裏庭から

夕暮れは短命だ。
太陽を追いかける人々から離れる時、
私は、環礁から外洋に出かけたままの人々のために
テンセグリティ・シェルターをデザインしている。
彼らも原初の生活器を待ち望んでいる。
無柱、無線、無管、無軌道な惑星での
コスミック・フィッシングができる生活器を。

アウトドアはTシャツのように何度も消費されるが
惑星の裏庭はまだ空き地だらけだ。

月明かりがなくとも

月明かりがなくとも
金星と木星が光輝く海面をみるだけで
砂浜で焚火をする必要はなかった。
環礁のあるがままの姿を見るとき
最初にシェルターのない生活が始まる。
人類は最初に大地ではなく、環礁に降り立った。
そして、貝殻から釣針をデザインしたのである。
いま、私は、環礁から外洋に出かけたままの人々のために
テンセグリティ・シェルターをデザインしている。
彼らも原初の生活器を待ち望んでいる。
無柱、無線、無管、無軌道な惑星での
コスミック・フィッシングができる生活器を。

『クリティカル・パス』バックミンスター・フラー著(梶川 泰司 訳)白陽社 1996

Cosmic Fishing

学校に行くよりも
裏口から出て
背戸に出かけるほうが近く、
そして一日が長かったように
Cosmic Fishingに出かけた時の日没は
とても眩しく、そして長く留まっている。
Cosmic Fishingとは
偶然に見せかけ、しかし未だ言語化されない
現実を待ち受ける行為だ。

SYNERGETICS RBF 1975
Reality is Spiro-orbital: All terrestrial critical path developments inherently orbit the Sun.

構造全体の強度を飛躍的に増大させる方法

新型コロナウイルスのスパイク部分が王冠“crown”に似ているから
王冠を意味するギリシャ語の「corona」と命名されたが
4面体(テトラ)状として観察できる。
この20面体表面からの無数の突起物から生成される
不可視の分子間引力が、
コロナウイルス構造全体の強度を
飛躍的に増大させている可能性がある。

Cryo-EM structure of the 2019-nCoV spike in the prefusion conformation
Science 19 Feb 2020:

個人という極小システム

線分とは、隔たった2つの極小システム(点)との関係である。
古代ギリシア以後、その極小システムには大きさがないと教育されてきた。
個人という極小システムには、
自由があるが国家システムという全体に
ほとんど影響を与えられない存在であると信じ込まされている。
ウイルスは、自己増殖するために
内部と外部を短時間に相互交換できる
例外的な極小システムである。

The drawn-upon object may be symmetrical or asymmetrical,
a piece of paper or a blackboard system having insideness and outsideness.