月別アーカイブ: 2013年10月

記号のテクノロジー

世界でもっとも美味しいエビは
広葉樹の森を流れる清流の岩影に生息する川エビたちを
メッシュの細かい網で採取した直後に
丸ごと唐揚げにすると真っ赤になる香しく甘い子エビだ。
自然採取と食物エネルギー摂取の間に偽装は起こりえない。
この淡水に生息する川エビたちに名前は不要だ。
偽装は
騙す側と騙される側との知識の
共通化を前提とした記号の擬態である。
無農薬野菜やサプルメントなどに拡大した食品偽装は
擬態という記号のテクノロジーを利用した
サバイバル方法の一つになっている。
知的産業社会においてこのテクノロジーは
創造性も開発費も不要な利益の直接的な採取方法なのである。

反偽装

それぞれ経営が異なるホテルが
偶然に食材を誤表示していたなら、
例えば、認識不足からより高価なエビを間違って使用して
実際に損をしていた反偽装のホテルが現れてもよさそうだ。
現実社会の多様な偽装に、このような反対称性が存在しないのは
どんな利益にも彼らはモラルを超越できるほど抜け目ないからだ。
その抜け目なさも
自然淘汰された哺乳類の固有の能力なのだろうか。
それとも、安い食材を判別できない
富裕層指向の欲望が利用されただけなのだろうか。

植物のように

太陽光発電システムが送電線から独立した
蓄電型発電所として、とりわけ災害時にも機能しなければ
太陽光を電気エネルギーに変換しただけでは
植物のような自律的で増殖するエコロジーシステムとは言えない。
求愛するカエルの鳴き声は
フクロウの家族にとって
豪華な食事の合図に他ならないように、
太陽光で発電したエネルギーを
電力会社の送電線を通じて売電すればするほど
電力会社にとっては電気料金値上げの根拠になっている。

質量欠損(mass defect)

大規模な宇宙の質量欠損問題 (missing mass problem) が
暗黒物質(ダークマター)の概念を形成した。
ダークエネルギーは
宇宙の質量及びエネルギーの約7割を占める。
この作業仮説上のエネルギーは
偶然にも、地球惑星の全表面積に対する海の占有率に等しい。
ダークマターが26.8%
すべての原子などを含むダークマターでない物質の占有率は
僅か4.9%程度なのである。
質量欠損(mass defect)の概念からは
宇宙の大半の質量を未だ説明できない。
defectとは欠点,欠陥を意味する。
質量欠損(mass defect)という思考言語に
すでに概念上の重要な欠損があるかもしれない。
シナジェティクスでは、defectではなく
崩壊や対消滅を意味するannihilationを使用する。
全体というデフォルトはけっして不足してはいないのである。

理論的洞察

シナジェティクス理論は
世界が如何にあるべきかという知識ではない。
シナジェティクス理論の形成過程は
思考の過程そのものである。
シナジェティクス理論とは、
洞察力の効果的な形式であり、全体を見ることなのである。
これまでの思考言語の牢獄から抜け出るためだけではなく
抜け出たときの世界の見方を表すためである。
言い換えれば、経験が洞察を生むのではなく
経験は洞察によって形成されるのである。
理論的洞察こそが、より有機的な全体を形成する。
そして、ついに洞察力のもっとも効果的な形式を超えた
<宇宙の原理>が発見されるのである。

直観的な実践

シナジェティクスの理論開発者もいない。
その指導者もいない。
何をなすべきか教えてくれる人は誰もいない。
それはシナジェティクス原理を発見するための
最良の条件である。
どのような状況からでも
シナジェティクスモデリングを始めることができる。
手は思考する精密機械であると同時に
作業仮説の直観的な実践者でもあるから。
そして、群れのための思考言語の最初の破壊者である。

2つの加速度

エフェメラリゼーションは
物質とエネルギーだけではなく時間に対しても共に加速する。
クリティカル・パスを学ぶだけではなく
デザインサイエンスを実践することで
はじめてこの2つの加速度を理解し経験できるだろう。
つまり、自分と宇宙との相互作用のことを。

改革者

政治的・経済的な改革者は
人間の根源的変革に対してではなく
社会システムに対して
もっとも有効な防御機能を果たしているように見える。
彼らはこれまでの思考様式
およびその全過程を否定する行為に対して
巧妙に回避するばかりではなく
むしろ妨害するシステムに従事しているだけである。
彼らの思考言語をことごとく否定できる
唯一の愛(=cosmic integrity)からより遠ざかるのは
その見えない統合力をもっとも怖れているからだ。
——–重力に対するように
距離からはけっして逃れることができないにもかかわらず。

シンタックス生成法

方法論は
理論、概念、理念の収集と編集であるが
モデル言語は
それらを構成する基本言語とその生成である。
独創的な方法論には
モデル言語の生成が含まれている。
モデル言語は
個人の独自な経験における一般化に関わっている。
経験の一般化によって
シンタックス(体系、配置)とセマンティック(意味)が
直接的な相互作用をするのである。
独創性は
個人の特殊な経験の違いに求めるよりも
経験の一般化に求められるだろう。
シナジェティクスは
シナジェティクスモデリングの過程において
シンタックスとセマンティックの相互作用の統合化、
つまり、モデル言語の生成とその統合化を
探査しているのである。

蜘蛛産業

圧縮の反対は膨張ではなく
引張りである。
圧縮強さは破壊荷重を断面積で割った値である。
引張強さは細長い材料の断面積で割った値だけでは決まらない。
蜘蛛の糸のように
螺旋構造とβ構造のハイブリッド構造における張力は
物質の表面に移動するからだ。
蜘蛛の糸の驚異的な強度は、断面積だけではなく
その表面積にある。
さらに、蜘蛛の糸の強度や弾性力は糸の含水率に関連し
水分を含んでいれば粘弾性は3倍に変わる。
1990年には、クモ糸を作りだす遺伝子を組み込んだバクテリアに
糸を生成させる軍事的なバイオテクノロジーによって
鉄の5~10倍の張力を獲得している。
現在、すでに伸度と弾性率においても
天然糸を超えた特性をもった人工繊維の合成に成功している。

自己放棄

本質的なテンセグリティを再現するには
あるがままのテンセグリティを見る以外にはない。
テンセグリティは
<より重要な部分>を完全に放棄する方法に到達している。
完全な自己放棄によって
テンセグリティの存在方法と共鳴することができる。

腐葉土(Leaf mold)

台風の記録的な雨量によって
大量の濁流が短時間に都市部の護岸された河川で生まれる。
これらの濁流は海まで最速で運ばれる表土が溶けた液体である。
液体の源流には戦後に大規模に植林された杉森がある。
表土のほとんどはこの針葉樹の葉からは形成されていない。
油分が多い針葉樹の葉は腐植土になりにくいからだ。
大多数はかつての落葉樹や広葉樹の葉から形成された腐葉土である。
腐葉土は微小で多様な土壌動物による生化学的な代謝作用により
分解されて形成された表土なので
岩石が風化作用によって砕かれて細かな粒状となり
地表部に堆積した表土とは区別される。
台風には森林地帯の腐葉土を
洪水によって広範囲に大地に隈無く分配する機能があった。
経済的損失から台風と敵対し
腐葉土を海に廃棄して化学肥料を使用する営農は
生物的ではない。
まして有機的ではない。

続)反対称性モデル

概念上の反対称性はモデル言語に属する。
この言語なくしてテンセグリティの統合性は
言語化できないばかりか
物質的にも統合できない。
テンセグリティにおける
相補性における反対称性の発見は
M.C.エッシャーの反対称性の発見よりも先行している。
構造とパターンに潜む反対称性にも
シナジーは介在しているが
美的な探究からシナジーは発見されなかった。

より重要な部分

原子炉はより重要な部分を有する構造である。
したがって動的には統合されていない。
もっとも重要な部分が
専門家ごとに異なっている
彼らの社会構造を反映しただけである。
原子炉は、核分裂のための装置であった。
実際、もっとも重要な部分は爆発し、
より分裂したのである。

反対称性モデル

圧縮材と張力材との関係が超軽量構造を作っている以上
テンセグリティモデルと言えども
根本的に圧縮材の重量を軽減するだけではなく、
圧縮材の有効な細長比と張力材の引張強度を向上させなければ
外力分散機能の形成もありえない。
テンセグリティを美的で視覚的な対称性から再現するだけでは
シナジー作用にけっして到達しえないのは
テンセグリティの圧縮材と張力材は互いに
非鏡像的な相補性における反対称性を形成しているからだ。

続)失業家

脱工業化とは
職業の大部分が人類の生存には無関係になることだから
新たな仕事を生み出すには
なくてもよい職業から失業しなければならない。

失業家

脱工業化社会における大発明は
皮肉にも自発的失業家から生まれている。
けっして銀行や国家から融資を受けるベンチャービジネスからではない。
銀行が新たな技術を理解できる範囲は極めて限定的だから。

消費税

生活費を稼ぐために
ただ消費しているだけの哺乳類の
近視眼的な借金返済方法は
戦後に発明されている。
自分たちで負担した分でさえ
自分たちで受け取れないほど
サービスの水準が大きく低下していくシステムの
不具合がリーコールの対象にはならない
グランチによる20世紀の代表的な発明である。
消費行為自体に対して無限に課税できるなら
加速度的に人口増大するこの哺乳類に対して
酸素消費税もいずれ検討されるにちがいない。

思考の沈黙

自己欺瞞に陥りやすい明日への期待から逃亡し
外部から与えられた秩序に代理させるよりも
手っ取り早く昨日までの思考方法に
終止符を打つことを知りながら
それができないのは
内部の混乱と空洞化に耐えなくてはならないからだ。
思考の沈黙は自己欺瞞の裏返しである。

最初のトリムタブ

必要な道具にも関わらず
これまで存在していない
あるいは存在できなかった道具類を
考案し独自に制作する<仕事>にはけっして失業がない。
脱工業化社会の前に
個人が生活のために働くことから脱しなければならない。
どんな職業にもできないことは
それを最初の<仕事(=トリムタブ)>にすることである。

反検索的

経験を蓄積し、経験によって生きていくために
人々は書物から読み始め検索で準備する。
知的探検とは
未知から始めることである。
その結果は
未来の他者から読まれ検索されるだけである。

作業仮説

人間のために建造されたほとんどの建築空間は
自然の原始的な変容だけではなく
人間が作り出す基本的な概念の変容に対して
その建築空間を生み出した思考自体と共に
危険な障害物となる。
大多数の建造物の寿命は人間の平均寿命よりも
短命であるにもかかわらず、
宇宙空間がつねに静止的であるという
19世紀的な作業仮説ゆえに。

放射エネルギー

弱者の自己嫌悪ほど危険な放射エネルギーはないが
とりわけ彼らを蝕んでいるのは
自己嫌悪ではなく、21世紀の若者が身につけた
固有な消費と自己愛である。
群れから適度な距離をおきながらモバイラーを自認する若者ほど
かつての極地探検家以上に軽量グッズで武装しているが
彼らが課金システムを攻撃することはないだろう。
消費システムは退廃するための自己愛を増幅するばかりである。
21世紀の高度な資本主義社会の放射エネルギーは
もはや核兵器を必要としない。

無秩序

貨幣で貨幣を儲ける方法に成功した会社や
彼らの真似をしただけで裕福になった人さえも
若者たちが尊敬するようになって
もう10年以上が経過した。
貨幣で貨幣を儲ける方法は
生き延びるための労働とその喜びが否定されただけではなく
秩序ある宇宙の体系を否定することで成立する。
支配のためのこれ以上の無秩序(chaos)は存在しない。

続)自然のリダンダンシー

ケネス・スネルソンが球状テンセグリティを作品に利用できなかったのは
バックミンスター・フラーの先行するシナジェティクスと
テンセグリティ原理の発見に干渉するだけではなく
人間の生活空間への利用の可能性を否定することで
新しい芸術様式を成立させたかったからにちがいない。
(同時に、スネルソンはバックミンスター・フラーが最初に概念形成した
tensegrityという造語の最初のユーザであったことに
注目しなければならない。)
科学的解釈が達しない芸術の拠り所をテンセグリティに求めた瞬間に
彼はテンセグリティの科学的な構造原理を
自ら排除しなければならないジレンマに陥ったのである。
それゆえに、彼が思い描いた新しい芸術様式が
20世紀の後半に隕石の内部から発見された
フラーレーンにも複製されていた事実は決定的であった。
テンセグリティ構造においては、人間は発明することも
表現作品のオリジナリティを作り出すことも不可能であった。
付加的でない自然のリダンダンシーを否定する人々は
宇宙の現実をあるがままに受け入れる科学的な試練に対して
絶えず原理の発見へと導いているこのメタフィジックスを知らない。

技術を学ぶ方法

ある技術を学ぶ時
その技術を形成するノウハウを経験者から学ぶ方法は
その技術には含まれない。
その技術について<対話 (dialog)>することが
技術を学ぶためのもっとも原始的かつ包括的技術である。
(dia=between,log=speak)
包括的技術の学習過程にカリキュラムは存在しない。
カリキュラムは大量に複製する工業製品を
作り出すためのシステムに準拠したアプリである。
自発的な動機(Know why)を排除する目的がある。
シナジェティクス教育は対話型である。
自己と自己との自己教育においても。

自然のリダンダンシー

人間は自らの体重を骨格だけで支えてきたのではない。
60兆個の細胞はもっとも安全なテンセグリティ構造を採用してきた。
人間が生活空間として使用する構造としては
テンセグリティは危険すぎると考えて
彫刻作品のみに利用してきたケネス・スネルソンは
テンセグリティ構造の自律的な外力分散システムや
付加的でない自然のリダンダンシーに対して
まったく無関心である。
あるいは無関心を装っている。
空間構造の安全のための新たな代替手段を確保する可能性が
まったくないという前提から
彼は芸術作品としてのテンセグリティの存在意義を
形成してきたように思える。
美的価値はしばしば科学的な発見によって瞬時に破壊される。

<観る>ための言語

林檎の生産数は
それを食べる人よりも多いように
テンセグリティモデルの制作数も
テンセグリティのあるがままを<観る>人よりも多い。
テンセグリティモデルは
たとえ圧縮材をカーボンパイプで制作しようとも
林檎のように自然に属する。
あるがままを<観る>行為こそモデル言語が介在する。
テンセグリティには固有のモデル言語が存在する。

肯定的構造

構造に対するもっとも根底的な否定を通じて
生命にとってもっとも肯定的で自律的な構造が現れる。
それがテンセグリティである。
バックミンスター・フラーが
テンセグリティを発見した1927年
彼は建築家ではなかった。
権力構造に対するもっとも根底的な否定によって。

美的な誤謬

テンセグリティの構造とパターンの発見は
重力を利用したすべての構造の解体の結果であり
構造とパターンに美を求めた結果ではない。
生命が自分の細胞を所有することではないように
テンセグリティ原理を理解するには
美を所有しないことからはじまる。
テンセグリティを理解することは
美しいテンセグリティを複製するよりもはるかに困難である。