カテゴリー別アーカイブ: ベクトル

真実と事実が交差する網膜へ

超高精細4K・8KのTV映像は、現行の解像度の最大16倍で
すでに網膜の解像度を超える。
優れた解像度は真実を再現する度合いとは比例しない。
虚偽の追従者たちは美的で高価な表現手段を愛好する。
もはや映像は可視的な外部の編集ではなく、
真実と事実が交差する網膜への絶えざる剥離手段なのだ。

掃除効果

机の上を拭き掃除するだけで机は広くなり
床を掃除すると室内は明るくなり
エンジンルームを清掃するだけで性能が改善する気がする。
目に見えないゴミや埃が視界を狭くするのだろうか。
それとも主観的に秩序付けるだけで世界が変化するのか。
事物と脳の関係は科学的に変化しない。

自発的な風

直観的な好奇心に基づいて行動すればするほど
挑戦的で積極的になる。
それは競争心とは異なる。
直観的な好奇心は未知の領域に導く風である。
風の吹かない場所さえ移動させるその風によって、
風を探すのではなく
次の風が吹く確かな予感になる。

https://earth.nullschool.net

動く部分と全体の構造

台風は部分から推測できない全体のシステムであり、
部分と全体の相互作用そのものである。
台風の内部と外部はつねに多層的に複合的に入れ替わる。
アイウォールのすぐ外側にある螺旋雲はスパイラルバンドで
吸引された雲が激しい雨に変わり、
スパイラルバンドの外側の螺旋雲も雷雨になる。

台風=動く部分と全体の構造

風が変わるまで

風向きはベクトルに置き換えられる。
風向きは10分間の平均で表示させる。
高速で移動する航空機には風の解像度をより高く表示する。
ベクトル平衡体は24本のベクトルで包囲され
時間と共に形態が変容する。
総三角形化されたジオデシック構造のベクトルは
双方向に、圧縮力と張力に刻々変換される。

台風の移動は解像度の高い風向き(ベクトル)で表示される。

平凡化vs平均化

学校ほど圧縮力のみを高めて平凡化される場所はない。

地球の自転や月の公転によって海水には潮汐力が作用して
満月に満潮があっても平均海水面が存在するように、
自然は圧縮力と張力(=引力)との相互作用に満ちている。
自然には同時的な平凡化はなく
非同時的な平均化が絶えず調和を生成している。

平均(律)化には非鏡像性や反対称性が含まれる。