月別アーカイブ: 2011年2月

(続)朝食(break fast)

自己のテクノロジーの一つである
つまらない仕事はしないという
断職(break work)は、
つまらない食べ物は朝から食べないという
朝食(break fast)の拒否から始まる。
断職(break work)は
失業とは異なるが
リスクとして餓えの恐怖を伴うから
進んで断食(break breakfast)をしなければならないだろう。

朝食(break fast)

fast breakは速攻の意味であるが、
break‐fastはただ朝の食事ではなく、 
断食(=fast)を破るという意味があることを
最近まで知らなかった。
私の両親が
朝食を会話もしないで
出勤前に簡単に済ませていた(fast break )からではなく
英語の授業をまじめに受けなかったからだろう。
朝食が
「今日一日生きる為のエネルギーの源」とされる裏で、
この繰り返される底の浅いエネルギー摂取が
社会的適応性の源になっている可能性がある。
19世紀
工場労働者に効率よく仕事をさせるため、
出勤までに朝食を自宅で済ますようにした、
いわば生きることと働くことを分離させた行為が
朝食という習慣を生んだにちがいない。
世界中の都市部での朝食(break-fast)は
ファーストフード(fast food)という底の浅い食事で賄われているが、
在宅勤務に切り替えれば、
まず最初にこの習慣が自発的に破られるだろう。

読書

本をたくさん読みたいなら、
何よりも大切なのは、速読することである。
理解を深めたいなら、
何よりも大切なのは、ゆっくり読むことである。
真実を知りたいなら、
何よりも大切なのは、自分の経験を除外しないことである。
そして、何よりも驚きなのは、
人が10才までに
その内の一つをすでに無意識で選んでいることである。

無題

ほとんどの政治的行動は
欠乏に対する恐れから生まれている。
表現は
自己への怖れから生まれている。
宇宙は
存在に対する畏れなしには存在しない。

(続)動機

新入正社員が、
入手するには最もリスクを伴うが同時に
最も価値が高いとされる人的資源情報(know who、例えば人脈)にしか
興味を覚えないシステムは、
利益を上げる以外の動機(know why)を排除しなければ
コストがかかる企業体と相補的にデザインされている。
生得的な動機付けの発動が
完全に非同時的なものとしてデザインされているのを発見した、
<20世紀の動物行動学>は
この半世紀間ずっと企業からリストラされたままだ。

格差文化

貧乏人は金持ちの真似をしたがる。
金持ちは貧乏人の真似をしたがらない。
本当の金持ちが貧乏人に寄付するのは
だれの真似をしていいか分からない場合だけだ。
寄付は、貧乏人には絶対真似が出来ないから。
金持ちを恐れて貧乏になった人よりも
貧乏を恐れて金持ちになった人は多い。

動機

富を生産し分配できても
これから生まれる富を評価する能力(know how)は
共有できるとは限らない。
それが重さのない真の富だから。
しかし、教育は動機(know why)を
その富から除外してきた。
それを試験で評価できないのではなく
教えることができない
という理由で。

(続)見えない軍隊

実際のドキュメンタリーなら
字幕スーパーで翻訳表示されるはずだが
群衆の一人になりすました
人物へのTVインタビューの返答は
常に即英語だ。
世界の視覚言語と思考言語は
すっかり占領されている。
その証拠に
平和に暮らす人々は
このチャンネルを有料で見ている。
作られたがった<事実>と引き替えに。

見えない軍隊

群衆という
流体化した乱雑な爆破的運動へと展開することは
CIAという見えない軍隊の得意技である。
否、それは、
冷戦なき時代の、見えない軍隊の存在をかけた
戦略かもしれない。
それゆえに、この展開が、
傀儡政権の抑圧が招いた危機から
民主化に移行させる苦悩を
石油消費国に向けてプロモートするための、
そして、
石油を高騰させるための、
彼らによる血も涙もない計画的混乱であることに
群衆は気づかない。

(続)記号

「大事な人生」や「残された時間」
この記号だけで個人は互いに分断可能だ。
実際、これで他の69億の個人をすっかり
忘れることができる。
こうして、記号のテクノロジーは
芸術や法律、規範などの
個人と個人とを結び付ける
およそ空気のような文化圏として
日々呼吸されるすべての記号に
関与することができる。

記号

起源の実情をだれにも分からないように
理解させているのは
記号のテクノロジーである。
「個人」という記号が
分断された意味と目的の寄せ集めか
その組み合わせだけで”成立してしまい”
その起源を知らなくとも
なんとか切り抜けられるのは、
自分をあざむいていることにさえ
気づかないまま
人生をあまりにも重要なものと
思わすことができるからだ。
ほとんどの記号は個人よりも
リアリティに仕えている。

(続・続)認識

「空を飛べていたらなぁ!!」
I wish I could have flown.
過去の事実と反対のことを言う構文は日本語にない。
仮定法過去完了型思考の始まりは
英語圏かその占領地区で過ごす思春期の英語の授業からである。
大多数が過去の事実と反対のことを言う習慣は
軍事テクノロジーからみれば好都合である。
個人が現在の産業テクノロジーに託す
仮定法過去完了でなされる空想的願望のほとんどすべてを
軍事テクノロジーは
つねに30年以上も先行して実現できるほどの非同時性を誇る。
軍事テクノロジーとは
仮定法過去完了型思考を陳腐化すると同時に
言語の未来形をも不要とする
概念の物質化でもある。
軍事テクノロジーを推進するための
認識システムと表裏一体のこの現金化システム(realization)に
世界の富の過半数が毎年費やされている。

認識(realization)

認識(realization)とは
現実化すると同時に現金化(=換金)する行為である。
英語圏では
現実化と現金化は同じ言葉(realization)で統一されている。
つまり、この概念を言い換えると
現金化できないことは理解できないことである。
自分に理解できない子どもの構想や計画に
教育費を支払おうとしない両親の認識を支えているのは
この現金化と不可分な認識システムにある。
言葉によって
社会的理解とお金とを相互に作用させる制御機能が
お金自体に付加される。
これをデザインする側は
経済学者や言語学者を雇用するのではなく
最初に軍隊を所有している。

自発的狂気

お酒を嗜みたい状態と
酔っぱらいたい状態とを区別できない場合
その違いは
密かな狂気に期待するかしないかで決まる。
飲酒を自発的に誘導する狂気は
社会に豊富にある。
たとえば、泡だった冷えたビールの豪華なTVコマーシャル映像。
これこそアル中患者が考え出したイメージだが
社会はこの自発的狂気を放任している。
酒税を稼ぐために。

(続)ワサビ

自身が生成する殺菌物質、
この物質こそ、ワサビの周辺に
一般的な植物が生えないようにしている
排他的物質である。
しかし、この物質は自らの成長をも抑制している。
ワサビが大量のきれいな水のある場所に
生育が限定されるのは
この排他的かつ成長抑制物質を水で洗い流して
より大きなワサビを収穫するためである。
根が長く太ったワサビは自然界には稀である。
ところで
私は自然界には稀なワサビだけを
このところ食べ過ぎたようだ。

ワサビ (山葵)

ワサビは水が綺麗でないと栽培できないのではなく
砂地などの透水性が良い土壌であれば
ワサビほど水をきれいにする植物はないのである。
生命力が強いので、栽培は簡単だ。
根の断片を土中に埋めるだけで砂地でなくとも
容易に発芽する。
根の先を下ろし金で摺り下ろされたワサビでさえ
冷蔵庫の中でも何日も鮮度を保っていられるのは
自身が生成する殺菌物質のお陰である。

(続)自然の構造

しかし、「自然に学べ」さえも
貧しい命令形で終わったままの
空疎な試行錯誤である。
自然に学ぶよりもまえに
自然から生まれている構造が
言語と視覚だけでは見えないのである。

自然の構造

標準化した基準(de facto standard)とは
作られたがった事実である。
言葉と事実が結びつくには
標準化した基準の容認よりも
行為というかなりの試行錯誤が必要だ。
自然に学べとは何か。
愛情に溢れた両親が使う
標準化した言語よりも
自然は原理という普遍文法を創出しているという
編集できない事実を知ることかもしれない。
自然は法則以上に
局所的経験を標準化しない。

(続)熟考

熟考という
包括的な関係づけ(consideration)は
アイデアという投機(speculation)や
突然の妙案(brainstorm)とも異なる。
「無限の情報を内包する」現実を
獲得する唯一の方法は
熟考である。

熟考(consideration)

熟考しすぎると
チャンスが逃げる心配をするが
たいていは
取るに足らないアイデアが消滅するのである。
熟考したがらないのは
アイデアがより消滅する思考法に
耐えられないからである。
思考が他人のアイデアに依存しているかぎり
熟考は自己のテクノロジーに属する。

(続)ミクロビオティック

ミクロビオティックは
カロリー計算の対象から
水や微量元素を除外してきた。
微量元素であるマグネシウムを
3ヶ月間連続的に摂取しなければ
どんな健康人も突然死するにも関わらず。
植物でもマグネシウムが欠乏すると光合成は
いち早く減退する。
この惑星の生命維持は
前世紀のカロリー栄養学だけでは賄えない。
少なくとも
グランチの子孫たちは
自然食以外信じていないだろう。

ミクロビオティック(反・長寿食)

この半世紀間の
急激な人口増加を維持したのは
ゆっくり確実に死ねる
短命食が豊富になったからである。
たとえば、
廃棄率60%以上の
カロリーたっぷりの給食からはじまった
第2次世界大戦以後の
世界的なミクロビオティック戦略では
初潮さえコントロールできる。
短命食で初潮を早くすれば
人類は確実に人口増加する。
そして、カロリー食の基準に最適化した
Microbiotic Seed(=短命種子)として
惑星を覆うのだ。
この種子は短命にも関わらず
多量のエネルギー消費をしなければ
生存できない遺伝子コードを備えている。

寒冷都市

道路に雪が数センチも積もれば
除雪しなければ車は安全に走れない。
もっと多い場合は
雪を道路の両側に廃棄するのではなく
雪を一定の厚さに塗装して堅い表面に凍結させる。
しかし、極低温が続かないとこの表面は
昼間の太陽光で簡単に溶解してしまう。
表面が溶けたこの道路ほど危険な道はない。
高性能な4輪駆動車でさえ直進は困難だ。
快適な交通手段と安全性を確保するには
高性能な除雪車ではなく一定の低温が必要だ。
昼間の太陽光で簡単に溶解しない場所には
つまり、北海道よりも緯度の高い場所に
世界の多くの大都市が形成されているのは
年間の平均気温からではなく
真冬の昼間の最高気温からである。

何も知らないことに気づくために
学ぶ人は少ない。
学校のような安全な場所で
知識を増やす方法に
魅力を感じてしまう。
知らないことを
知るプロセスは
それ自体
もっとも純粋な知である。
その知こそ、
しばしば知識そのものより
大きな知を生み出す。
何も知らないことを知る
喜びと共に。

(続)非同時性

世界同時恐慌

世界同時革命
そして
学校における一斉授業までも
理解を同時性に求める
歴史的な習慣を利用した
権力構造のもっとも退屈な思考法である。
という
同時的な認識も望んではいけない。
理解は
宇宙と同じように
非同時的でかつ同時的だから。

非同時性

チャットの優れた機能は
非同時的に
言語で理解できる関係を作る
最初の道具だということにある。
関係性のバッテリーなのだ。
しかし、
twitterの公開機能は
同時性に利用されている。
同時性がないとリアルだと感じない傾向は
奴隷になる条件に利用されている。

方位と風

方位を望まなければ
風はありふれている。
風を望む前に
港を決めれば
風は吹く。
港より先に
風がデザインされた。
そして
風の吹かないところに
港は造れなかったから。

環境

エコロジー的な便宜によって
是認された人間を癒すための環境は
すぐに失われるものである。
たとえば
バイオスフィアは希有な広葉樹林を
森林整備のための補助金で伐採してこしらえた
合目的な人工林を
土石流で破壊したがっている。
とくに
杉林は核攻撃以上に植生を
長期にわたって破壊してきた。
杉は緑の地雷である。
自分を知ることがないかぎり
環境は
環境を必要としない。
「環境とは自分以外のすべて」(R.B.F.)
だから。

ポジティブに、かつネガティブに

ポジティブに生きることを
誰も疑わない。
自然は
ポジティブを望み
ネガティブを避ける
方法を選択しない。
最適な方法は
ポジティブでも
ネガティブからでも
構築可能だ。
これらの共存する相補性によってのみ
原子のように
動的に安定させることができる。

(続)泣く準備

涙のしょっぱさが、血液と似ているのは
血液から血球を除いた液体成分だからとすると、
どこかに濾過機能があるはずである。
そうすると、
保水性と疎水性が涙腺内に共存していることになる。
この涙液膜もムチンから構成されている。
膜結合型ムチンが涙液膜の濾過機能をもっているようだ。

泣く準備

モロヘイヤ
オクラや里芋などが
みんなぬるぬるしているのは
ムチンという粘性物質の保水性のせいだ。
生きるためには保水が必要だ。
その保水機能の再生も必要だ。
驚くことにムチンは
タンパク質分解酵素への耐性も備えている。
泣く理由は泣く人に分かっているが、
泣くためのデザインは
まだよく分かっていない。
しかし、
よく泣く人は
きっとぬるぬるを無意識に
たくさん摂取しているはずだ。
泣いても目が腫れないように。
泣く準備はできている。

(続)同時的世界

鯨は、仲間の死に涙を流す
涙線がない哺乳類であり、
バイオスフィアという球状社会で
共に言語を創り出す海の民を排除するのは
生存のためのタンパク源を求めない
純粋なカニバリズムだ。

同時的世界

脈は手で触らないと分からない時代から
衛星から非接触でも同時的に分かる時代に
人々はどうして通学・通勤しているのだろうか。
同時的だが直接的な
互いの監視や競争が
人々の主要な労働や学習になっている。
数千キロ離れた仲間と
互いにほぼ同時的に会話しながら
非同時的に回遊している鯨たちが
見えない球状ネットワークを
無料で使いこなしているテクノロジーと
人間が競争しないのは
鯨よりも人間を監視し課金するテクノロジーを
最優先しているからだ。
イデオロギーにかかわらず
この数千年間、
それは何も変っていない。
そして
無知からではなく
おそらく嫉妬から
彼らを食べもしないで肝油だけを採取して
油田発見まで灯火用のエネルギー源として
課金したのである。
マッコウクジラからだけで
年間1万頭分以上の油を換金できたのは
もちろん、18世紀以後の大型の帆走捕鯨船の造船技術を
独占した東インド会社である。

戦争の条件

お金がなくなって
絶望する人よりも、
希望がなくなると
絶望する人の方が少ない
システムができてきた。
このシステムでは
人を国に置き換えてもよい。

意図

構造とは、人間のデザインした構造を
排除することである。
自然の意図を知らずに
デザインの意図を
クライアントが所有してきたから
未だに安全でも経済的でもない。