月別アーカイブ: 2011年2月

(続)朝食(break fast)

自己のテクノロジーの一つである
つまらない仕事はしないという
断職(break work)は、
つまらない食べ物は朝から食べないという
朝食(break fast)の拒否から始まる。
断職(break work)は
失業とは異なるが
リスクとして餓えの恐怖を伴うから
進んで断食(break breakfast)をしなければならないだろう。

朝食(break fast)

fast breakは速攻の意味であるが、
break‐fastはただ朝の食事ではなく、 
断食(=fast)を破るという意味があることを
最近まで知らなかった。
私の両親が
朝食を会話もしないで
出勤前に簡単に済ませていた(fast break )からではなく
英語の授業をまじめに受けなかったからだろう。
朝食が
「今日一日生きる為のエネルギーの源」とされる裏で、
この繰り返される底の浅いエネルギー摂取が
社会的適応性の源になっている可能性がある。
19世紀
工場労働者に効率よく仕事をさせるため、
出勤までに朝食を自宅で済ますようにした、
いわば生きることと働くことを分離させた行為が
朝食という習慣を生んだにちがいない。
世界中の都市部での朝食(break-fast)は
ファーストフード(fast food)という底の浅い食事で賄われているが、
在宅勤務に切り替えれば、
まず最初にこの習慣が自発的に破られるだろう。

読書

本をたくさん読みたいなら、
何よりも大切なのは、速読することである。
理解を深めたいなら、
何よりも大切なのは、ゆっくり読むことである。
真実を知りたいなら、
何よりも大切なのは、自分の経験を除外しないことである。
そして、何よりも驚きなのは、
人が10才までに
その内の一つをすでに無意識で選んでいることである。

無題

ほとんどの政治的行動は
欠乏に対する恐れから生まれている。
表現は
自己への怖れから生まれている。
宇宙は
存在に対する畏れなしには存在しない。

(続)動機

新入正社員が、
入手するには最もリスクを伴うが同時に
最も価値が高いとされる人的資源情報(know who、例えば人脈)にしか
興味を覚えないシステムは、
利益を上げる以外の動機(know why)を排除しなければ
コストがかかる企業体と相補的にデザインされている。
生得的な動機付けの発動が
完全に非同時的なものとしてデザインされているのを発見した、
<20世紀の動物行動学>は
この半世紀間ずっと企業からリストラされたままだ。